お気軽にお電話ください
【9:00~20:00 土日祝も受付】

072-767-9262

任意売却安心相談所 LUARCH 宮永 任意売却安心相談所 LUARCH 田野

抵当権と根抵当権の違いとは?根抵当権を設定されるケースも説明

  •  
  • 任意売却コラム
抵当権と根抵当権の違いとは?根抵当権を設定されるケースも説明|債権が消えると消滅するかどうか

住宅ローンなどを借り入れるとき「抵当権」「根抵当権」といった言葉を耳にした経験はないでしょうか。抵当権や根抵当権などの言葉は、法律に馴染みのない人にとっては、あまり馴染みのない言葉かもしれません。

  • 抵当権や根抵当権とは何か
  • 根抵当権のメリット
  • 根抵当権が設定されるケース

この記事では、抵当権と根抵当権の意味や違いをわかりやすく解説します。

抵当権とは

抵当権とは、不動産に設定された担保のことです。

住宅ローンのときに一般的に使われるのが抵当権になります。

お金を貸す側は、貸したお金を返済してもらえないと大変です。
特に住宅ローンの場合は融資額が高額になりがちですから、返済してもらえないと貸し手は大打撃を受けることになります。

そこで登場するのが「担保」です。

担保とは、お金を借りた人が返済できないときに回収できるもの、つまり借金(債権)のかたのようなものになります。 人の担保としては保証人などが代表例です。

物を担保にする場合は、不動産に抵当権を設定するなどの手法でおこなわれます。お金を返せないとき、お金を貸した側(債権者)は担保として抵当権を設定している不動産から貸したお金を回収するのです。

抵当権とは、不動産に設定された担保のこと。
そして抵当権が設定された不動産とは、住宅ローンなどの借金の担保になっている状態だということです。

根抵当権とは

根抵当権も担保の一種です。

ただ、抵当権とは性質が違っています。

根抵当権では「極度額(枠)」を設定します。極度額という枠の範囲内で何度もお金を貸し借りするのが特徴です。感覚が掴めない人は、カードローンやキャッシングを想像してみるとわかりやすくなるかもしれません。

カードローンで会社側から10万円という枠をもらいました。この枠の中で柔軟に貸し借りをおこないます。2万円借りて2万円返すなど、枠内であれば柔軟に使えます。

抵当権がひとつの借り入れ(債権)の担保なら、根抵当権は枠を使った担保です。枠内に多数の借り入れがあれば、それら多数の借り入れの担保になります。

抵当権と根抵当権の違い

抵当権はひとつの債権の担保で、根抵当権は枠内の債権の担保。

根抵当権の方は特に実態を掴みにくいため、難しく感じてしまうのではないでしょうか。
抵当権と根抵当権への理解を深めるため、ふたつの違いを比較してみましょう。

まず抵当権と根抵当権の大きな違いは、債権が消えると消滅するかどうかという点です。

たとえば、100万円という借金の担保に抵当権を設定しました。100万円を返済すると、抵当権は消滅します。抵当権はこの100万円の借金だけの担保なので、借金がなくなると一緒に消えてしまうのです。

しかし、根抵当権は違います。根抵当権は枠を設定しますので、枠内で貸し借りが何度もおこなわれます。

枠内でおこなわれた借金の担保ですから、枠内の債権の一つが返済によって消えても枠は残るのです。10万円の枠が設定されたカードローンで5万円借りて5万円返済しても、カードローン自体が消滅しないことと同じです。

抵当権はひとつの債権の担保で、その債権が消えると一緒に消滅する。

根抵当権は枠内に生じる複数の借り入れの担保で、枠内で何度も貸し借りする関係上、債権の返済をしても消えない。

このような違いがあります。

根抵当権のメリット

根抵当権の仕組みは複雑そうですが、この仕組みがあるからこそ好んで使われることがあります。

たとえば、商売をしている会社を想像してみてください。A社とB社という頻繁に取引をするふたつの会社があったとします。

A社とB社は毎日のように取引していますから、売掛債権が次から次へと発生します。頻繁に発生する取引上の債権にひとつひとつ抵当権を設定するのは大変な作業です。しかし、根抵当権ならどうでしょう。

A社とB社が根抵当権を設定して「取引上の債権はこの枠内でやりましょう」と約束すれば、債権が発生するたびに抵当権を設定する必要はありません。根抵当権の枠の中で一括管理でき、一括で保証できます。

お金を頻繁に貸し借りする場合や、頻繁に取引上の債権が発生する場合は、根抵当権を使うメリットがあるのです。

根抵当権が設定されるケースとは

根抵当権は会社の取引などでよく使われています。個人が使う住宅ローンなどのサービスでは抵当権が一般的なので、事業を営んでいなければ、あまり触れる機会はないかもしれません。

しかし、中には個人向けのサービスでも根抵当権を使うケースがあります。

ケース①事業を営んでいる

根抵当権のメリットでA社とB社の取引ケースを挙げました。これは、大企業だけの話ではありません。中小企業や個人事業主が事業を営む上でも、根抵当権はよく使われています。

家で農家や商店を営んでいるケースでも、仕入れ先や農協などと契約を結び、根抵当権を使っていることがあります。仕入れや農業で生じた債権を根抵当権で担保するのです。

農業や商店は個人や家単位でおこなっていることも少なくありません。

根抵当権は大きな会社の事業でのみ使われるわけではなく、個人サービスに近いかたちで、農家や個人商店でも使われているのです。

ケース②リバースモーゲージ

リバースモーゲージとは「自宅などを担保にして、家に住みながら融資を受ける方法」です。老後資金の捻出方法として使われることもあるサービスになります。

リバースモーゲージは自宅などの不動産を担保にして融資を受けます。このときに使われる担保の方法は、基本的に根抵当権です。

住宅関連といえば住宅ローンで一般的に使われる抵当権という印象があるかもしれません。ですが、リバースモーゲージについては、一般的に根抵当権がよく使われています。

ケース③注文住宅

個人が注文住宅を建てるときに住宅ローンを借りるケースでは、抵当権ではなく根抵当権が使われることがあります。

「住宅ローンは抵当権が使われるのではないか」と疑問に思うことでしょう。注文住宅のための借り入れで根抵当権が使われるのは、注文住宅の支払い方法に特徴があるからなのです。

注文住宅を建てるときは、着手金や中間金、完成時の支払いなど、家を建てるペースに合わせて支払いを何度かにわけることがあるのです。支払い自体が何度かにわかれる関係上、住宅ローンも何度かにわけてお金を貸すことがあります。

住宅ローンを何度かにわけて融資する場合、融資の度に抵当権を設定するのは大変です。

一括で住宅ローンの借り入れをするなら抵当権の設定も1度でいいのですが、分割で貸してしまうと、分割したぶんだけ抵当権を設定しなければいけません。金融機関にとっても、借りる側にとっても面倒なのです。その点、根抵当権を設定すれば、面倒はありません。

注文住宅で支払いを建築ペースに合わせて分割する場合は、抵当権ではなく根抵当権を使うことがあります。

ケース④資金の借り入れ

根抵当権が設定されるのは、不動産関係のローンや会社間の取引だけではありません。個人間の貸し借りでも、根抵当権が設定されることがあります。

個人間で根抵当権を使ってはいけないというルールはありません。個人間の貸し借りで根抵当権を設定することも、あり得ることです。

まとめ

抵当権と根抵当権は異なります。抵当権はひとつの債権を担保し、その債権を返済すると一緒に消滅します。いわば、ひとつの債権と運命を共にする担保権なのです。

対して根抵当権は、枠内で何度も貸し借りするための担保なので、枠内の債権を返済したからといって一緒に消えることはありません。このように、抵当権と根抵当権には違いがあります。

ただ、抵当権と根抵当権は「借金の担保になっている」という点では同じです。

大切な不動産が担保になっている場合、返済が滞ると不動産を競売などで失うリスクがあります。返済のために不動産売却してお金を作ろうとしても、担保状態になっている不動産は、基本的に通常の不動産売却はできないのです。

競売の回避や返済のための資金調達方法には、任意売却があります。任意売却で借り入れを清算し、リスクに悩まされない生活を目指してはいかがでしょう。

任意売却コラム一覧へ戻る
ご相談\0
ご相談無料!
秘密厳守
秘密厳守!
土日祝もご相談可
土日祝も
ご相談可!

お気軽にお電話ください
【9:00~20:00 土日祝も受付】

072-767-9262

ルアーチ任意売却安心相談所 宮永 ルアーチ任意売却安心相談所 田野