お気軽にお電話ください
【9:00~20:00 土日祝も受付】

072-767-9262

任意売却安心相談所 LUARCH 宮永 任意売却安心相談所 LUARCH 田野

離婚による住宅ローン残債、財産分与

財産分与とは?

財産分与とは?

離婚における財産分与の基本は、『婚姻期間中に築いた財産は等分に分ける』ことです。

財産とは、現金(預金)はもちろん、不動産、車、家財道具、有価証券、生命保険などです。

また、所有名義が夫婦どちらか一方であったとしても婚姻期間中に築いた財産であれば、夫婦双方の協力があってなされた『共有財産』として取り扱われます。

その中でも、住宅は特に財産分与が難しいとされています。

住宅が財産分与するのに難しい理由

2つに分けることが出来ない

当たりまえのことですが、ひとつの住宅を2つに分けることは容易ではありません。
できたとしても現実的にお勧めできる方法とは言えません。

抵当権を抹消しないと売れない

売却して現金化することができれば、きれいに二等分することが可能です。
ただし、住宅ローンの残債がある場合、抵当権を抹消(完済)しないと売却することは出来ません。

夫婦のどちらか一方が住み続ける場合

夫婦のどちらか一方が住み続けるという場合は、住宅の評価額(住宅ローン残債がある場合は差し引いた額)と相当額の預金や有価証券等で分ける方法が一般的です。

(例)妻:住宅の評価額1,500万円(住宅ローン残債1,000万円) = 夫:預金300万円+株券200万円分

ただし、住宅の評価額相当となる預金や有価証券が無い場合は分けられない方法となります。

また、その際に住宅の名義や住宅ローンの名義が住み続ける一方の名義でなかったり、共有の名義になっていた場合は住み続ける一方の名義へ変更する等の登記手続きをしておくことも重要となります。

つまり、住宅ローンの有無、住み続けたいかどうかで対応が変わります。

よくある質問とお悩み

住宅ローン残債より評価額が低い場合でも売却は可能ですか?

売却後の不足額を補える資金があれば売却可能です。

ただし、不足を補えるほどの資金がない場合でも任意売却という方法がございます。
※『任意売却とは』参照。

離婚後も住み続けたいので、住宅ローンを元夫が支払う約束で離婚しました。
ただ、住宅の名義が元夫のままなのですが大丈夫でしょうか?

住宅ローンを元夫が支払っていく等の取り決めをしていたとしも、万一滞納が発生した場合には競売に掛けられてしまいます。
その際、単なる使用者である相談者様は競売の落札者から退去を求められれば退去せざるを得なくなります。

この場合、住宅の名義変更が出来ればベストですが、住宅ローン残債がある場合、金融機関は住宅ローンを完済しなければ名義変更を認めてくれない可能性が高いです。

現在お持ちの資産で住宅ローンを完済出来ない場合は、リースバックという方法がございます。

賃貸借契約を交わす前提で第三者へ売却し、賃借人として現在のお住まいに住み続けることが可能です。
※『リースバックとは』参照。

財産分与のポイント

check 婚姻期間中の築いた財産は名義に関係なく『共有財産』になる。

check 『共有財産』は原則、2等分する。

check 住宅は2等分出来ないので、売却して現金で2等分するのが望ましい。(負債が残る場合は負債を2等分する)

check 夫婦のどちらか一方がそのまま住む(住宅をもらい受ける)場合は、他の財産で調整する。
 ただし、住宅ローン残債より評価額が小さい場合は、財産分与の対象となりません。

ご相談\0
ご相談無料!
秘密厳守
秘密厳守!
土日祝もご相談可
土日祝も
ご相談可!

お気軽にお電話ください
【9:00~20:00 土日祝も受付】

072-767-9262

任意売却安心相談所 LUARCH 宮永 任意売却安心相談所 LUARCH 田野