お気軽にお電話ください
【9:00~20:00 土日祝も受付】

072-767-9262

任意売却安心相談所 LUARCH 宮永 任意売却安心相談所 LUARCH 田野

ブラックリストに載らずに任意売却する方法はある?

  •  
  • 任意売却コラム
ブラックリストに載らずに任意売却する方法はある?

結論からいうと、ブラックリストというリストは存在しませんので、ブラックリストに載るという事はありません。

ただし、俗にいう「ブラックリストに載る」という状態が実は存在します。

俗にいう「ブラックリストに載る」状態とは?

俗にいう「ブラックリストに載る」状態とは、信用情報機関【CIC(株式会社シー・アイ・シー)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)、JICC(株式会社日本信用情報機構)】に住宅ローンなどの支払いの遅延や滞納などが「事故情報」として登録される事です。

信用情報とは?

信用情報とは、クレジットやローンの契約や申し込みに関する情報のことで、客観的な取引事実を登録した個人の情報です。
そして、この信用情報は、クレジット会社が顧客の「信用」を判断するための参考資料として利用されます。

そのため、信用情報には人種や思想、保健医療、犯罪歴などの項目は、一切含まれません。

CICホームページより抜粋

各種ローン支払いなどをおおむね3ヶ月超滞納したり、遅延を繰り返すなどした場合に金融機関により事故扱いとされ、信用情報に「事故情報」が登録されます。

つまり、強制売却(競売)や任意売却をすることで直接的に「ブラックリストに載る」状態になるという訳ではありません。

先にも述べた通り、直接的な原因は住宅ローンの支払いなどの遅延や滞納が続くことです。
そして、その延長線上に強制売却(競売)や任意売却といった選択肢があるという訳です。

●滞納から競売・任意売却イメージ
遅延・滞納 → 「事故扱い」 → 競売 or 任意売却

「ブラックリストに載る」状態になるとどうなる?

それでは、信用情報機関に事故情報が載ってしまうとどうなるのでしょうか。

隣近所に知られて、会社にも伝わりクビになり、親戚からも縁を切られてしまう、なんて事になってしまうのでしょうか?

実は、事故情報は一般に知られる事はありません。

信用情報の使われ方は、金融機関がお金を貸し出す際に、きちんと返済する能力のある人物かどうかを見極める為にあります。

そこには過去の借入状況や返済の履歴などが残っている訳ですから、たびたび遅延や滞納などをして事故情報が残っている様だと、貸したお金を返済してもらえない可能性が高いと判断されます。
そうなると、金融機関の審査に通りません。

これが俗にいう「ブラックリストに載る」状態の正体です。

「ブラックリストに載る」状態になると、主に以下の様な制限がされます。

  • 新たな住宅ローンなど各種ローンが組めなくなる
  • 新たなクレジットカードが作成出来なくなる

ただ、すでにお持ちのクレジットカードは使える場合もありますし、プリペイド式のカードであれば何の制限もなく利用できます。

事故情報は完済から5年〜10年で削除

さらに事故情報は永年残り続け、今後一切住宅ローンを組めず、新規クレジットカードも作れなくなるという訳ではありません。
信用情報機関によって、事故情報は5年間もしくは10年間で削除されます。

つまり、完済してから5年後もしくは10年後には事故情報が無くなりますので、また新たな住宅ローンや新規クレジットカード作成を申込む事が可能です。

無理のある住宅ローンを支払い続けようとした結果。。

なかには、ブラックリストに載りたくない、任意売却は恥ずかしいなど、間違った知識からくる誤解によって現状を守ろうとするあまりに現実を受けれられず最悪な結末になってしまうケースもございます。

Aさんは、住宅ローンを滞納の末、当初借入れていた金融機関から債権回収機構(サービサー)へ切り替わった事で高金利になってしまった住宅ローンを、親戚から借金をしながらでも何とか返済し続けていこうとしました。
(この時点で既に信用情報機関に「事故情報」として登録されていますが、Aさんは任意売却をする事で「事故情報」が登録されると間違った知識による思い込みをしていました。)

しかし、その返済月額はAさんにとって残りのローン期間中ずっと返済し続けられる金額ではありませんでした。

結果、無理な返済を続けたAさんは、家族や親戚との仲も険悪になり、さらなる借金と滞納の末に自宅は強制売却(競売)され、一家も離散してしまいました。

思い出を守りたい、子供の為に引越したくない、転居先での不安など、将来的な不安があって現状を何とか守ろうとされるお気持ちは痛いほどわかります。
ただ、現状を守ろうとする余りに未来をも失ってしまっては、元も子もないのではないでしょうか。

あなたの本当に守りたいものとは?

もしも今、あなたが住宅ローンの返済が苦しくてお悩みでしたら、ぜひ想像してみて下さい。

今後、このままの生活を続ける事で失う可能性のあるものは何でしょうか?

そして比べてみて下さい。

任意売却によって失うものと、今後このままの生活を続ける事で失う可能性のあるものでは、あなたが本当に守りたいものはどちらでしょうか?

人は、誰でも、いつからでも、変わることが出来ます。
ただ、わからない事だらけだと、もちろん不安がいっぱいだと思います。
正しい情報がなければ、最善の判断も出来ないでしょう。

そんな時に、ルアーチ任意売却安心相談所の無料相談をご活用下さい。
あなたの疑問点に対し、専門家による情報提供やアドバイスでひとつひとつ丁寧に、クリアにしていくお手伝いをいたします。

そしてご納得頂いたうえで、問題解決のパートナーとしてあなたのお役に立てましたら幸いです。

ルアーチ任意売却安心相談所では、任意売却20年以上のベテランや自身が競売経験者という経験豊富な相談員がそろっています。

ご相談は無料ですので、まずはお気軽にご相談下さい。

任意売却コラム一覧へ戻る
ご相談\0
ご相談無料!
秘密厳守
秘密厳守!
土日祝もご相談可
土日祝も
ご相談可!

お気軽にお電話ください
【9:00~20:00 土日祝も受付】

072-767-9262

任意売却安心相談所 LUARCH 宮永 任意売却安心相談所 LUARCH 田野