お気軽にお電話ください
【9:00~20:00 土日祝も受付】

072-767-9262

任意売却安心相談所 LUARCH 宮永 任意売却安心相談所 LUARCH 田野

任意売却に費用負担は必要?

  •  
  • 任意売却コラム
任意売却に費用負担は必要?持出し金0円で可能です。

結論から申し上げると、任意売却に関するお客様の持ち出し費用は0円です。

任意売却といっても、通常の不動産取引同様、売却には不動産会社への仲介手数料や司法書士への登記抹消費用等が必要となります。
但し、それらの費用をお客様にご準備して頂く必要はございません

任意売却では、売却後に住宅ローンが完済出来ない場合であっても、売却に必要な費用を売却金額から控除してもらえる制度があります。
それを『任意売却の費用控除』と言います。
つまり、債務者の費用負担なく売却が出来る様に、債権者(銀行等)が売却に必要な経費を売却金額から支払うことを認めてくれています。

控除が認められる費用には以下の様なものがあります。

  • 不動産売買仲介手数料(売却価格の3%+6万円+消費税)
  • 抵当権等の登記抹消費用
  • 後順位担保権者の抵当権抹消承諾料(ハンコ代)
  • 管理費・修繕積立金などの滞納分(マンションの場合)
  • 固定資産税・住民税等の滞納による差押え解除費用
  • 転居費用(引越し代)

※印紙代や転居費用は控除してもらえない場合があります。

とはいっても不動産契約は、お金の動きやその項目が複雑な為、一般の方にはとてもわかりにくいですよね。
ましてや任意売却となると、専門の不動産会社でなければ流れをきちんと説明することは難しいでしょう。

そこで今回は、主な費用控除となる「不動産売買仲介手数料」と「抵当権等の登記抹消費用」について、取引時のお金の流れや考え方について、任意売却専門のルアーチ任意売却安心相談所が分かりやすくお伝えさせて頂きます。

主な控除①不動産売買仲介手数料とは?

ルアーチ任意売却安心相談所では、不動産仲介手数料以外のコンサルタント料や相談料などといった費用は一切いただいておりません

当社の報酬は、不動産売買仲介手数料のみです。

また、「成功報酬」となりますので、万一売れなかった場合やご相談のみの場合には、費用を一切いただきませんので、安心してご相談下さい!

任意売却成功時→報酬発生(売却価格×3%+6万円+消費税)
※宅地建物取引業法に定める報酬規定を元に算出しております。

主な控除②抵当権等の登記抹消費用とは?

まず抵当権とは、銀行などがお金を貸し出す際に借主の所有している不動産(土地・建物)などへ設定しておける担保の一種です。

債権者(銀行等)は、債務者がお金を返せないと判断すると抵当権を実行して債権を回収しようとします。 それが競売です。

抵当権の実行 = 競売

万一、自身と関係のない抵当権が設定されている不動産を購入してしまった場合、他者の責任で不動産を競売にかけられてしまう恐れがあります。

そうなると、自身に関係のない抵当権が設定されている不動産を購入したいとは誰も思いませんよね?

つまり、現実的には不動産を売却する際は、設定されている抵当権などを全て外して購入者へ引渡す事が求められます

なので、債権者(銀行等)も売却に必要な費用として、抵当権等の登記抹消費用を控除の対象としてくれます。

ただし、ローンが全額返済されていないのに抵当権等の登記を抹消するという事は、債権者側からすれば担保を失う事になりますので、通常は協力して頂けません。
そこで交渉を行い、 抵当権等の登記抹消に協力して頂ける事を前提に売却活動を進める方法『任意売却』といいます。

任意売却のお金の流れや考え方は?

任意売却において実際にお金の動くタイミングは、『決済』の時となります。
決済とは、銀行等で行われる売却金の精算の事です。
売買契約が締結された後、およそ1ヶ月以内に不動産の引渡しと同時に決済となります。

例えば、3,000万円で売却が決まった不動産に4,000万円のローン残債がある場合のお金の動きは。。。

一般的な不動産売買の場合

3,000万円を全てローン返済にあてたうえで1,000万円を追加で返済しなければなりません。
そして更に、不動産売買仲介手数料や抵当権等の登記抹消費用は別途用意する必要があります。

こんな感じの流れになります。

●3,000万円(不動産の売却金)+1,000万円(別途現金)→4,000万円(ローン返済)
更に別途現金にて、96万円(不動産売買仲介手数料)と4万円(抵当権等の登記抹消費用)を用意。

任意売却の場合

3000万円から売却に必要な費用を先に差し引いてから(費用控除)残りの金額をローン返済にあてます。

●3,000万円(不動産の売却金)−96万円(不動産売買仲介手数料)−4万円(抵当権等の登記抹消費用)→2,900万円(ローン返済)
※残りのローン1,100万円については、無理のない範囲での分割支払いとなる様に交渉致します。

だからこそ、持出し費用がなくても不動産を売却出来る任意売却は、住宅ローンの支払いが困難になった方の救済措置といえます。

以上が、任意売却における費用とお金の流れについての説明となります。
いかがだったでしょうか?

一生の内に何度とない任意売却ですから、経験豊富な専門の会社へ依頼される事をおすすめ致します。

ルアーチ任意売却安心相談所では、経験豊富なスタッフによる専任制をとっております。
担当者がはじめから最後まで変わる事なく、お客様をしっかりとサポート致しますので、安心してお気軽にご相談下さい。

ご相談・お問い合わせはこちら

電話番号 072-767-9262 9:00~20:00 土日祝も受付
メールで無料相談

任意売却コラム一覧へ戻る
ご相談\0
ご相談無料!
秘密厳守
秘密厳守!
土日祝もご相談可
土日祝も
ご相談可!

お気軽にお電話ください
【9:00~20:00 土日祝も受付】

072-767-9262

任意売却安心相談所 LUARCH 宮永 任意売却安心相談所 LUARCH 田野