介護トイレにバリアフリーリフォームするには?費用や実例を紹介

  •  
  • リノベーションの基礎知識
介護トイレにバリアフリーリフォームするには?費用や実例を紹介

介護のために介護トイレにリフォームする場合、よく問題になるのが費用です。
介護トイレにリフォームするとして、どのくらいの額を想定すればいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。

介護トイレにリフォームするとして、どのようなタイプや会社を選べばいいのかも疑問です。

  • 介護トイレにバリアフリーする方法
  • 介護トイレにバリアフリーする場合の費用相場と補助金
  • 介護トイレのバリアフリーリフォーム会社を選ぶポイント
  • 介護トイレのバリアフリーリフォームの実例

この記事では、介護トイレへのバリアフリーリフォームを検討している人が悩みがちな「費用」と「実例」を中心に徹底解説します。

介護トイレにバリアフリーする方法

介護トイレへのバリアフリーは、トイレの現状を見た上で方法を決めることになります。

たとえば、既存のトイレが和式の場合です。
和式のトイレは足腰の負担が大きく、介護を受ける側にとって用を足すことが大きな負担になる可能性があります。

介護を受ける側の体への負担を減らすために、和式から洋式へトイレを交換するところからスタートすることもあるのです。
加えて、滑りにくい床にしたり、手すりを設置したりします。

最初から介護トイレにも適した洋式トイレの場合、あえてトイレ自体を交換する必要がないかもしれません。
トイレはそのまま使えるという判断の場合は、滑りにくい床や手すりをつけるなど、要介護者や高齢者でもトイレを使えるように見直し、必要なら交換や機器の設置などをおこないます。

バリアフリーリフォームにどのくらいの工事が必要になるかは、トイレの状況によります。

介護トイレにバリアフリーする場合の費用相場

介護トイレにバリアフリーリフォームするための費用相場は、トイレの状況によって変わります。

トイレを和式から洋式に交換するための費用として22~57万円ほど。
この他に、トイレ内に手すりなどを設置するためにも費用がかかります。

  • トイレの手すり設置 2.5~4.5万円
  • 床をクッションフロアなどにする 2~10万円
  • トイレのドアを引き戸などに交換する 4~10万円
  • トイレの室内スペースを拡張する 13~32万円

たとえばトイレを洋式に変更してドアの交換やトイレスペースの拡張、床をバリアフリーリフォームにする、手すりの設置など総合的にバリアフリーリフォームする場合は、合計で43.5~111.5万円くらいの費用は見なければならないということです。

この他に、トイレの壁紙の交換や水回りの整備、棚や洗面台の設置などもおこなう場合は、さらに費用相場が高額になります。

介護トイレにバリアフリーリフォームするときは、必要なものと不要なものの取捨選択をおこない、その上で会社から見積もりを取得するといいでしょう。

介護トイレにバリアフリーするときに使える補助金

介護トイレにバリアフリーするときは、介護保険制度の補助金と自治体の補助金が使えます。

介護保険制度の補助金は、要支援または要介護1~5の認定を受けた人が住む家のバリアフリー改修に使える補助金になります。
バリアフリーリフォーム費用20万円までに対して18万円(9割)を補助してくれます。介護トイレのバリアフリーリフォームにも利用可能です。

自治体もバリアフリーリフォームに対して独自の補助をおこなっていることがあります。
たとえば東京都中央区の場合は、バリアフリーリフォームに対して最大20万円補助しています。

自分の住んでいる自治体の補助制度を確認してみるといいでしょう。

介護トイレにしたら確定申告で税金負担をおさえることも

バリアフリーリフォームの場合は確定申告をすることによって所得税の控除を受けることも可能です。
補助金ではありませんが、税金の負担をおさえることができれば、総合的に支出をおさえることにつながります。

確定申告やバリアフリーによる減税については、税理士や税務署の窓口などに確認をとっておくと安心です。

介護トイレバリアフリーの会社を選ぶポイント

介護トイレバリアフリーの会社を選ぶポイント

介護トイレにバリアフリーリフォームするとして、どの会社にリフォームの依頼をするかが問題です。

日本にはたくさんのリフォーム会社があります。
ネットを検索するとたくさんの情報がヒットしますから「どの会社にお願いしたらいいのだろう」と迷ってしまうことでしょう。

介護トイレにバリアフリーリフォームする際の会社選びのポイントは3つです。

介護トイレにバリアフリーリフォームするための見積もりを比較する

介護トイレにバリアフリーリフォームをお願いする会社を選ぶときは、複数の会社から見積もりを取得して比較する方法をおすすめします。

介護トイレのバリアフリーリフォーム費用は会社によってかなり違います
そのため、1社だけの見積もりを見て依頼してしまうと、費用面で損する可能性があるのです。
複数の会社に見積もりをお願いして、費用について比較しましょう。

介護トイレのバリアフリーリフォームを信頼して任せられるかチェックする

介護トイレにバリアフリーリフォームするときは、信頼して任せられる会社かどうかをチェックすることも重要です。

高いスキルを持っている会社でも、費用面でしっかりとした説明がなければ、依頼者は不安になることでしょう。
また、実績のある会社でも、依頼者の話をしっかり聞いてくれなければ「果たして任せても大丈夫なのか」と不安に感じるのではないでしょうか。

不安をそのままにしてしまうと、いざ介護トイレにバリアフリーリフォームする際に会社と依頼者の間でトラブルになってしまうかもしれません。
大切なバリアフリー工事です。信頼して任せられる会社かどうかは、しっかり見ておきましょう。

仮に安い費用を提示した会社でも、信頼面ではどうかという点でもしっかり検討することが重要です。

介護トイレにバリアフリーリフォームの知識や実績はあるか確認する

介護トイレへのバリアフリーリフォームを依頼する会社に、介護用リフォームの知識やスキル、実績があるか確認して選ぶ必要があります。

リフォーム会社は多数あり、会社によって得意分野や専門分野が異なっているのです。

たとえば外壁塗装を得意としている会社に介護用のリフォームをお願いすると、スキル不足から、思うようなバリアフリーリフォームにならないかもしれません。
介護用のリフォームの知識やスキルの有無は非常に重要です。

お願いしようとしている会社が介護リフォームの実績があるか、尋ねてみるといいでしょう。
会社のホームページなども確認しておくことをおすすめします。

介護トイレバリアフリーの実例

介護トイレにバリアフリーリフォームしたくても、具体例が思い浮かばないことがあります。
介護トイレへのリフォームで参考になる実例をふたつご紹介します。

実例①トイレに手すりを設置

もともと洋式トイレだったのですが、トイレ内には手すりはありませんでした。
トイレに座るときと立ち上がるときが大変だったため、トイレ内に手すりを設置した実例です。

掴まって立ち上がっても揺れない加工のしっかりした手すりを設置し、補強もしてもらいました。
費用は25万円でしたが、うち18万円は補助金を申請したため、実質的に10万円以内で介護トイレのリフォームができたケースです。

実例②和式トイレを洋式トイレへ

使っていたトイレは和式のトイレで、介護認定を受けている状態では腰と足への負担が大きいという悩みを持っていました。

腰や足への負担を軽減するために、和式のトイレを洋式に交換し、立ち上がりやトイレ内の移動もしやすいように手すりも設置しました。

工事費用は25万円かかりました。補助金を申請したので、実質的にはもっと安く介護トイレへのリフォームができています。

まとめ

介護トイレにバリアフリーリフォームは、トイレの現状によって方法が変わります。

和式のトイレを使っているお宅の場合は、洋式に換えて手すりなどを設置する方法があります。
すでに洋式のトイレを使っているお宅の場合は、トイレ自体は交換せず、手すりや床などをバリアフリー仕様にするかたちで工事することもできます。トイレの現状次第です。

介護トイレにバリアフリーリフォームする際はリフォーム規模によって費用も変わってきます。
見積もりの取得などで会社を比較すると共に、どのようにリフォームしたいかよく考えてみてはいかがでしょう。

コラム一覧へ戻る

お気軽にお電話ください
【9:00~20:00 (年末年始を除く)】

072-767-9262

こんなことできる?お気軽に
ご相談ください!

お電話でのお問い合わせ

072-767-9262
【営業時間】9:00~20:00 年末年始を除く