カウンターキッチンへのリフォームの価格は?メリット・デメリットも紹介

  •  
  • リノベーションの基礎知識
カウンターキッチンへのリフォームの価格は?メリット・デメリットも紹介

キッチンのタイプのひとつである「カウンターキッチン」。
家族を見ながら作業できるキッチンとして人気があります。

自宅をカウンターキッチンにしたい場合、価格はどのくらいになるのでしょうか。
カウンターキッチンのメリットやデメリットはどうなっているのでしょう。

  • カウンターキッチンとは
  • カウンターキッチンのメリットとデメリット
  • カウンターキッチンへのリフォーム方法と価格

カウンターキッチンに決める前に知っておきたい参考になる基礎知識をまとめました。

カウンターキッチンとは

カンターキッチンとは「家族の様子を見られるように部屋側を向くかたちで作業できるキッチン」のことです。

キッチンによくあるタイプとして、壁付けキッチンがあります。

壁付けキッチンは料理をする人が壁側を向いて作業するタイプのキッチンです。料理をする人は、壁と向き合いながら料理するのです。

対してカウンターキッチンは部屋や家族のいる側を向いているところが特徴になります。

家族の食卓やくつろぎの場の方向を向いて作業できるキッチンなのです。

カウンターキッチンは2種類ある

カウンターキッチンには「対面式キッチン」と「オープンキッチン」の2種類があります。

対面式キッチンはダイニングを見渡せるタイプのキッチン。L型やアイランド型など、5つのタイプがあります。

オープンキッチンとは、キッチン周りに壁や吊り戸などが一切ないタイプのキッチンです。

カウンターキッチンのメリット

カウンターキッチンのメリット

カウンターキッチンは部屋側を向いて作業できる特性上、さまざまなメリットがあります。

カンターキッチンの主なメリットは5つです。

家族とコミュニケーションを取りながら料理できる

カンターキッチンのメリットのひとつは、家族とのコミュニケーションが容易な点です。

壁付けキッチンの場合、キッチンは壁側を向いています。
そのため、家族とコミュニケーションを取るためには、作業の手を止めて振り返らなければいけません。

キッチンが壁に付いているという特性上、どうしてもキッチンが家族のいるスペースと離れてしまうことも多く、家族に話しかけても料理の音で聞こえないことも少なくありません。

カンターキッチンは家族のいる空間により近い位置に設置し、料理も家族を向きながらできます。
家族に話しかけられても振り返る必要はなく、そのまま受け答えできるのです。

壁付けキッチンより家族に近い位置にキッチンがあるため、家族の話や自分の声が料理の音に遮られにくいというメリットもあります。

カンターキッチンは育児をしながら料理できる

小さなお子さんのいる家庭の場合、料理や洗い物をしているときにお子さんが大人しくしていてくれるかが問題です。

ふと目を離した瞬間にいたずらしたり、危ないことをしたりといった、子育てによくあるトラブルが起きているかもしれません。

カウンターキッチンの場合は、子供の様子を見ながら料理や洗い物ができます。育児のときに便利だというメリットがあるのです。

カウンターキッチンには解放感がある

カンターキッチンには壁付けキッチンなどにはない解放感があります。

たとえば壁付けキッチンの場合、目の前はすぐ壁です。
壁に向かって料理するため、閉塞感を覚えることも少なくありません。

加えて、壁付けキッチンなどは、どうしても壁に向かって料理をすることになります。
手元が薄暗くなってしまい、陰気な印象を受けたり、作業しにくかったりすることがあるのです。

カンターキッチンは家族の居る空間に面した開放的な造りですから、解放感があります。

また、室内の灯りを調節することで手元を明るくしやすいため、暗さで作業しにくくなることは、ほぼありません

キッチンで料理しながらテレビが見られる

リビングでテレビがついていても、壁付けキッチンの場合は見るために振り向かなければいけません。
しかしカウンターキッチンの場合は料理しながらテレビが見られる設計です。

たとえば、時間のかかる煮物などをしているとき、「鍋から離れられない。けれど、手が空いてしまう」こともあります。
このようなときに、キッチンで料理をしながらテレビが見られると便利です。

家事や仕事に追われてなかなか映画やドラマが見られないという人は、料理をしながらレンタルDVDやたまった録画を消化できます。

カンターキッチンは料理運びや洗い物に便利

カウンターキッチンは家族のいるスペースに面しているキッチンですから、でき上がった料理を運ぶときに便利です。
カウンターキッチンで作った料理を即座に食卓スペースに運べるというメリットがあります。

同様に、後片付けのときもカウンターキッチンは便利です。
汚れた食器類を即座にカウンターキッチンに運べます。後片付けの時間を短縮可能です。

カウンターキッチンのデメリット

カウンターキッチンにはメリットも多い反面、デメリットもあります。

カウンターキッチンのデメリットは3つです。

臭いや汚れが気になってしまう

カウンターキッチンは家族のくつろぎの空間に面しています。

家族がゆったりとした時間を過ごしているときに料理をすると、料理中の臭いや湯気がダイニングの方に流れてしまい気になることがあるのです。
家具に臭いがつくこともあるため、気にしたいポイントになります。

また、油はねなども気にしたいポイントです。

壁付けキッチンの場合は壁に油がはねて汚れるというデメリットがありますが、カウンターキッチンの場合はダイニング側の床などに油がはねてしまうことがあります。

料理しているところが丸見えになる

カウンターキッチンは料理をしているときに手元が丸見えになります。

たとえばダイニングにお客様がいるときは、お茶を淹れる作法やお菓子を準備しているときの手際がすべて見えてしまうということです。

料理の手際なども見えてしまうため、落ち着かないというデメリットがあります。

スペースが狭くなることがある

カウンターキッチンはダイニング側の空間に作られるため、ダイニングスペースが狭くなってしまうことがあります。

側を通るときの通路も意識して設置する関係上、人が通るスペースを優先したら、キッチン部分にあまり空間を割けなくなってしまうこともあります。

キッチンに広いスペースを割きたい人にはデメリットになる可能性があるのです。

カウンターキッチンへのリフォーム方法

カウンターキッチンへのリフォームは、カウンターキッチンの種類やタイプを選ぶところからスタートです。

カウンターキッチンは大きくわけて2種類。
種類を決めたら、さらに型などを選びましょう。

カウンターキッチンを選ぶときは、家の雰囲気や料理のときの使い勝手、スペースなど、さまざまな点を考慮して選ぶことをおすすめします。

また、カウンターキッチンにリフォームする際は、どのようにデメリット対策をするかが問題です。
換気扇の位置を工夫したり、油はねガードを設置したりするなど、リフォーム工事に入る前に、心配なことやデメリットについては、リフォーム会社に相談しておきましょう。

カンターキッチンへのリフォーム価格

カウンターキッチンへのリフォーム価格は、カウンターキッチンのタイプや機器によります

一般的なリフォームの価格相場は55~200万円です。
ただし、ハイグレードタイプのキッチンやオーダーメイドキッチンの場合はさらに相場が高くなり、200~350万円が相場になります。

カウンターキッチンへの要望は家庭それぞれ。ニーズをすべて盛り込んだ場合、さらに価格が高くなる可能性があります。

カウンターキッチンへのリフォームでは、配管移動工事をしなければならないケースもあります。
配管移動工事をしなければならない場合はさらに工事費用が加算されるため、注意してください。

依頼するリフォーム会社から見積もりを取得し、価格とニーズについてよく検討してみてはいかがでしょう。

まとめ

カウンターキッチンはダイニングや家族に面したキッチンです。

カウンターキッチンには解放感もあり、家族とコンタクトを取りやすいなどのメリットがあります。

また、見た目のオシャレなので、「リフォームするならカウンターキッチンがいい」と思う人もいるのではないでしょうか。

カウンターキッチンの価格相場は55~200万円です。
ただし、設置する機器やデザイン、配管工事の有無などで価格が変わってくるため、まずは見積もりを取得してはいかがでしょう。

自分の求めるカウンターキッチンの価格がより明確になるはずです。

コラム一覧へ戻る

お気軽にお電話ください
【9:00~20:00 (年末年始を除く)】

072-767-9262

こんなことできる?お気軽に
ご相談ください!

お電話でのお問い合わせ

072-767-9262
【営業時間】9:00~20:00 年末年始を除く